Top > ニュース > 宮崎県知事 49頭殺処分の意向

宮崎県知事 49頭殺処分の意向

宮崎県の口蹄疫の問題で、東国原英夫知事が方針を決めたそうです。


宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で、県が殺処分の回避を検討していた県家畜改良事業団の種牛49頭について、東国原英夫知事は27日、「(49頭の処分は)手順を追ってやらないといけないと思う」と述べ、国の決定通り、殺処分する考えを初めて示しました。


仕方ないかもしれませんね。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧:

宮崎県知事 49頭殺処分の意向

このブログ記事に対するトラックバックURL:

http://takatori.sub.jp/mt/mt-tb.cgi/70

コメントする

ニュース

関連エントリー
北朝鮮 麻酔なし手術が日常化中国人32人来日直後 生活保護張本「喝ッ」に異議 江川紹子氏休養iPhone4 1日で予約60万台突破日航、債務超過1兆円に拡大ニンテンドー3DSが初公開日本の宇宙産業、「あかつき」成功でさらに評価高まるエース級種牛、生き残り容認へ韓国 哨戒艦事件を安保理提起JAL株主優待取りやめを決定三菱電機 3Dテレビを今夏発売宮崎県知事 49頭殺処分の意向タイのデモ制圧、100人超死傷 福岡県警、携帯3社と全国初の防犯提携ひこにゃん 商標使用を有料化 福岡の高校でTwitter「禁止令」米グーグルが風力発電に投資米が核保有数公表へ「龍馬伝」異例の英語教材に 小惑星に水が大量に存在か 京セラが50億円の申告漏れ漫画のNARUTOが累計1億部突破 初の引退シャトル、発射台に火山の噴火の影響でモトGPが10月に延期 「1Q84」3巻 午前0時販売の店も野菜高騰 ナスやピーマン3、4割高